2017年2月7日
2017年最新版 親へどう切り出した?家族円満の相続対策になった?Part

2017年最新版 親へどう切り出した?家族円満の相続対策になった?Part 2

一般的に、相続は親から切り出してくれたほうがスムーズといわれている。ところが親世代は、まだまだ遠い先と思っていたり、まさか自分の子どもたちがもめるだろうなどとはつゆほど思わず、相続問題を自分のこととして考えられない人も多い。子ども側から切り出すには心理的ハードルはかなり高い。そこで過去2年間に相続対策をした206人にアンケートを実施。その中から25の体験談をご紹介しよう。 ※アンケート概要/対象:40歳以上の男女。2年以内に実家の相続のことを考えて対策を実施した人 調査方法:インターネット 調査期間:2016年10月11日~12日 有効回答数:206

実家に同居しました

CASE13 住宅取得等資金の贈与の特例も使い、建て替えて同居  千葉県・48歳・女性

【きっかけ】
親から古くなった家をリフォームしたいと相談された。私は、リフォームより建て替えを提案。
【結果】
住宅取得等資金贈与の特例(一定額まで贈与税が非課税になる)を使って、親に頭金を出してもらい、建て替えることに。親と同居することで、小規模宅地等の特例を利用した相続対策にもなる。何より家が新しくなり、快適な生活が送れていることに親が満足している。

CASE14 すでに同居中の長男が家を継ぎ、次男は金融資産を相続  神奈川県・59歳・男性

【きっかけ】
母が亡くなった後、父が私と兄に相続について切り出してきた。
【結果】
現在二世帯住宅を建築中。今同居している兄に家屋と土地を全て譲る代わりに、父が弱ったときには兄が介護をすると約束。私には金融資産を残してくれることになっている。兄弟とも異存はなく、話し合いはスムーズだった。

CASE15 家は長男に継がせることを決めていた父   静岡県・59歳・男性

【きっかけ】
兄弟4人を実家に集めて、90代半ばの父親から切り出した。昔かたぎの父は、以前から家は長男に継がせることを決めていた。
【結果】
父の意思どおり建て替えて長男が同居し、家を継ぎ介護も引き受けることに。父は私を含む残りの子どもには金融資産を分け与えるというので、誰も異存はなく、その場で決まった。 売却して分配や住み替え費用に。

CASE16 相続人が協議し、残された実家を売却  大阪府・79歳・男性

【きっかけ】
妻は自分の親とは相続の話をしないままに両親が亡くなった。両親の家はしばらく空き家にしていたが、近所の手前があり固定費もかかるので相続人全員で協議した。
【結果】
誰も住む気がないことがわかる、全員の合議で売却して相続人で分配することになった。固定資産税を払い続けるのもばかばかしかった。

CASE17 親との話し合いは不調。死後に実家を売却して均等に分けた  岐阜県・54歳・男性

【きっかけ】
父が入院したときに、万が一に備えて父が遺産相続をどう考えているか聞いてみた。
【結果】
父は長男である兄を中心に考えていたので、次男の私と妹が反発して相続の話はストップ。親が亡くなってから子どもたちで話し合った。実家を売却し、そのお金は均等に分けたのでもめなかった。

CASE18 遺言書どおり売却して、兄弟間のトラブルを回避  神奈川県・男性・55歳

【きっかけ】
年始に兄弟が実家に集まったとき、もしものときの実家売却の相談をしたところ、親が遺言書を作成してくれた。
【結果】
父が亡くなり、母が施設に入所してから、父が書いておいてくれた遺言書どおりに売却。相続人で分け合ったので、トラブルにならずよかった。早めの相談が功を奏した。

CASE19 親が元気なうちに家族会議で親の家の売却を決めていた  和歌山県・55歳・女性

【きっかけ】
正月にみんなが帰省したときに父から話があった。父は介護付きマンションに入る予定だったので、残された実家などの資産をどうするか家族で話し合った。
【結果】
父が亡くなり、かつて話し合ったときの父からの提案どおりに実家を売却。相続人で均等に分けた。親が元気なうちに、みんなに話をしておいてくれてよかった。

CASE20 住まなくなった実家を相談の上、売却 岡山県・49歳・女性

【きっかけ】
弟の家に住んでいる母の通院時に、車の中で今住んでいない家をこの先どうするのか聞いてみた。
【結果】
空き家のまま放っておいても近所迷惑になるし、母、きょうだいで話し合った結果、母の生存中に売却したほうが手続きが煩わしくなくてよいと判断。売却益を将来の葬儀費用に充てることもできるし、みんなが納得する対策ができてよかった。

CASE21 将来の実家売却を決めて、母は中古マンションに移った 広島県・54歳・男性

【きっかけ】
亡父の三回忌の折、兄弟でもめないよう遺言書を書いてと母に頼んだ。
【結果】
遺言書は作成しなかったが、母は実家を売却し、わが家の近くに中古マンションを買って引っ越した。私が親の面倒を見ることも考慮した財産の分配を決めることで折り合いをつけた。

その他の事例

CASE22 母はマンションに引っ越し、実家は兄が住む。私は保険金の受取人に 富山県・58歳・女性

【きっかけ】
父が亡くなり、母1人になったので、母を交えて将来の相談をした。
【結果】
母は一戸建てよりも暮らしやすいからと、マンションを買って移り住んだ。空いた実家は将来相続する兄が住むことになった。私は生命保険の受取人に名義変更してもらった。

CASE23 姉妹で実家を相続し、名義を半々に分けた 愛知県・40歳・女性

【きっかけ】
父の法事のときに、母は病気で先が長くないから、この先、母が亡くなったらどうするか姉妹で話し合った。
【結果】
母が亡くなってから、決めていたとおりに実家に姉妹それぞれの家族とともに住むことにした。その際リフォームして二世帯が暮らしやすい住宅にし、母が希望していたように、姉妹で名義を半々にして均等に分けた。

 

合わせて読みたい 相続Q&A

スーモ相続 編集ディレクター

その他の関連記事

相続についてもっと知りたいなら

関連する対策タイプ

遺言・相続Q&A

親子で相続対策を進めるために

家族の連絡帳

家族の連絡帳
年齢とともに心配になる親のこと。親も子世帯の経済面や暮らしを気遣っています。
「家族の連絡帳」をプリントアウトして、書き出すことから親子のコミュニケーションを始めてみませんか?親子がよく話し合うことでそれぞれの悩みが解決するかもしれません。
実家の相続対策を詳しく紹介

「親と実家」を考える本

表紙サンプル
表紙サンプル
目次サンプル
実家の相続対策に役立つ

カタログ請求のご案内

建築会社や不動産会社が作成しているカタログは、商品やサービスの紹介だけでなく相続にかかわる一般的な知識も得られるものもある。無料で請求できるので、会社名やカタログ名で気になるものがあれば取り寄せて、プラン選びに役立てよう。
※こちらのサイトで紹介しているカタログは『「親と実家」を考える本』にも掲載されています。下の『「親と実家」を考える本』のカタログ請求画面から、お好きなカタログをご請求ください。