2016年2月29日 (月)
PAGE: 1 / 2
相続のこと「いつ・どう」話す?

相続のこと「いつ・どう」話す?

相続のことって、親に対してなかなか話しづらいもの。
そこで、みんなはどんなタイミングで、どのように切り出しているのか、
196人にインターネットで聞いた体験談の一部を紹介。参考にしてほしい。

ふだんの会話の中でタイミングを探す

みんなの体験談から感じられるのは、やはり相続の話を切り出すのは難しいということ。切り出したものの、まだ元気な親にイヤな顔をされて黙らざるをえなかったというような声も多く聞かれた。一方で、親の高齢化による体の衰えや病気など自然に話しやすいタイミングがやってきて、切り出した人も多い。
また、ふだんの暮らしの中でよい機会を探し、それとなく相続の話に持ち込めた人もいる。相続は決して資産家だけの問題ではなく、誰もがもっている実家にも当てはまる。難しそうといつまでも話し合いを放置しておくと、親の意向を聞きそびれて後悔しかねない。自分が常々親や実家の相続に関心をもち、税制など必要な勉強をしておくことも大切だ。知識があれば親との話し合いもスムーズにいくだろう。みんなの体験談を参考にタイミングを探ろう 。

みんなの体験談

一人暮らしが限界になった父に「ホームに入る?」の一言

79歳の父が転倒したり、ケガをしたりすることが増えたので「そのままだと心配だから老人ホームに入る? 家を売ればその資金になるのでは」と話したのがきっかけ。娘の私たちと同居するのは無理だと父もわかっていたようで、ホーム入所を決断。自分が買った家を売るのは寂しそうでしたが。ちょうど父自身、一人暮らしが限界かなと感じ始めていたようで、タイミング的によかったと思います。

愛知県・58歳・女性・Bさん
わが家もよっ!
弟が家を出たので「この家どうするの?」と母に切り出した

実家に住んでいた弟が実家を継いでくれるのだろうと母は思っていたようです。ところが弟は他県に家を建ててさっさと引っ越してしまいました。そこで長女である私が母に「将来この家をどうするの?」と聞いてみたのがきっかけ。母は「あなたが帰ってきたら、この家もアパートもあげるわ」と。私は結婚しているから、急には決められないけど、そのうち夫に話してみようと思っています。

熊本県・44歳・女性・Uさん
「もめるのはいやだな」の一言が効いた

親戚が遺産相続でもめていたときに「ああいうのはみっともないね~、ウチはどうするの?」と切り出しました。反応がよかったので、それからは「お葬式はどうするの? お墓はどうする? この家はどうするの?」とふだんの生活の中で、わりとひんぱんに話すようになりました。

大阪府・65歳・女性・Hさん
数字って効きます!
構成・取材・文 / 林直樹 イラスト / 木村吉見 取材協力 / ミルトーク 実施方法:インターネット掲示板 
実施時期:2015年7月15日~7月29日、10月2日~10月20日 参加者196人
相続についてもっと知りたいなら

関連する対策タイプ

親子で相続対策を進めるために

家族の連絡帳

家族の連絡帳
年齢とともに心配になる親のこと。親も子世帯の経済面や暮らしを気遣っています。
「家族の連絡帳」をプリントアウトして、書き出すことから親子のコミュニケーションを始めてみませんか?親子がよく話し合うことでそれぞれの悩みが解決するかもしれません。
実家の相続対策を詳しく紹介

「親と実家」を考える本

表紙サンプル
表紙サンプル
目次サンプル
実家の相続対策に役立つ

カタログ請求のご案内

建築会社や不動産会社が作成しているカタログは、商品やサービスの紹介だけでなく相続にかかわる一般的な知識も得られるものもある。無料で請求できるので、会社名やカタログ名で気になるものがあれば取り寄せて、プラン選びに役立てよう。
※こちらのサイトで紹介しているカタログは『「親と実家」を考える本』にも掲載されています。下の『「親と実家」を考える本』のカタログ請求画面から、お好きなカタログをご請求ください。