相続税がかかるか調べたい

誰に相談?

相続専門または相続に強い税理士

何が相談できるか?

  • 相続財産の洗い出しと相続税評価額の出し方
  • 遺産分割方法による相続税額の試算 
  • 小規模宅地等の特例の確認
  • 相続発生後の相続税申告・納税について
  • 物納・延納について

手数料・報酬など

申告書作成を依頼する場合は、課税遺産総額に対し、0.5~1%など

相続相談で準備するもの

  • 1.相続人がわかる資料
  • 2.相続財産についての資料
  • 預貯金などのおおよその残高
  • 株式・債券などの保有数・時価
  • 加入中の保険証券
  • 不動産は固定資産税の納税通知書
  • あれば土地の公図
  • ゴルフ会員権などの資料
  • 借金、貸付金の明細書    など

相続専門か、申告実績の多い税理士を探そう

相続税については、相談から税金の試算、申告書の作成・提出まで、すべて税理士の業務になる。ただ、一般的には会社の顧問税理士などが中心の人が多いため、税理士の中でも相続税に強く、申告経験が豊富な人を選びたい。

さらに、相続については家庭の事情や財産の範囲、額も異なるため、それぞれの家庭の状況を把握して、相続人の気持ちもよく聞いて、丁寧に対応してくれる税理士を探すことが重要だ。

右のような資料を持参して訪問すれば、相続税がかかるかどうかの簡単な試算は、その場でも可能。実際に申告を依頼するかどうかは、後で決めてもいい。土地の評価額は担当する税理士によって異なることもある。持ち込まれた資料だけでなく、実際に現地に足を運んで詳細に調べ、評価額を抑えてくれる税理士かどうかも確認を。

遺言・相続Q&A

親子で相続対策を進めるために

家族の連絡帳

家族の連絡帳
年齢とともに心配になる親のこと。親も子世帯の経済面や暮らしを気遣っています。
「家族の連絡帳」をプリントアウトして、書き出すことから親子のコミュニケーションを始めてみませんか?親子がよく話し合うことでそれぞれの悩みが解決するかもしれません。
実家の相続対策を詳しく紹介

「親と実家」を考える本

表紙サンプル
表紙サンプル
目次サンプル
実家の相続対策に役立つ

カタログ請求のご案内

建築会社や不動産会社が作成しているカタログは、商品やサービスの紹介だけでなく相続にかかわる一般的な知識も得られるものもある。無料で請求できるので、会社名やカタログ名で気になるものがあれば取り寄せて、プラン選びに役立てよう。
※こちらのサイトで紹介しているカタログは『「親と実家」を考える本』にも掲載されています。下の『「親と実家」を考える本』のカタログ請求画面から、お好きなカタログをご請求ください。