遺産の分け方で揉めそう

誰に相談?

相続や遺産分割の相談が多い弁護士

何が相談できるか?

  • 遺産分割の方法
  • 遺産分割協議での他の相続人と代理交渉
  • 遺産分割調停・審判の代理出席やそれに伴う書類作成
  • 遺留分と、それを侵害されたときの手続き

手数料・報酬など

事務所ごとに自由に設定でき、おもに着手金と報酬がかかる

分割協議でもめたら…(遺言書がない場合)

依頼人に代わって交渉しまとめてくれるのは弁護士

遺産分割での揉め事やトラブルについての相談先は弁護士だ。個人の弁護士事務所のほか、複数の弁護士が所属する法律事務所でも、遺産分割に関する相談窓口を設けていることがある。

弁護士は法律の専門家で、遺産分割の方法は民法で定められているため、それに則して、相談された問題の解決策などを助言してくれる。

実際に依頼する場合は、依頼人の権利を守るために、本人に代わって他の相続人と交渉を進めたり、問題を解決するために動いてくれたりする。家庭裁判所での調停、審判に進む際にも代理人として出席してもらうことが可能。相続放棄などの手続きや、遺留分の減殺請求なども依頼できるので、遺産分割で困ったことがあれば、まずは相談してみるといい。

遺言・相続Q&A

親子で相続対策を進めるために

家族の連絡帳

家族の連絡帳
年齢とともに心配になる親のこと。親も子世帯の経済面や暮らしを気遣っています。
「家族の連絡帳」をプリントアウトして、書き出すことから親子のコミュニケーションを始めてみませんか?親子がよく話し合うことでそれぞれの悩みが解決するかもしれません。
実家の相続対策を詳しく紹介

「親と実家」を考える本

表紙サンプル
表紙サンプル
目次サンプル
実家の相続対策に役立つ

カタログ請求のご案内

建築会社や不動産会社が作成しているカタログは、商品やサービスの紹介だけでなく相続にかかわる一般的な知識も得られるものもある。無料で請求できるので、会社名やカタログ名で気になるものがあれば取り寄せて、プラン選びに役立てよう。
※こちらのサイトで紹介しているカタログは『「親と実家」を考える本』にも掲載されています。下の『「親と実家」を考える本』のカタログ請求画面から、お好きなカタログをご請求ください。