実家の処分や活用法を知りたい

誰に相談?

不動産仲介会社、相談窓口を設けている住宅メーカー、不動産デベロッパー

何が相談できるか?

  • 売却と賃貸のどちらが適切か
  • 売却するときの手続きの流れと、売却時に利用できる譲渡所得税の特例説明
  • 賃貸で活用するときの手続きの流れ

手数料・報酬など

売却時の仲介手数料の上限は、売買代金の3%+6万円(+消費税)

不動産のことなら何でも幅広く相談できる窓口へ

実家を売却するか、賃貸にまわすなどして活用したほうがいいかと悩んでいるときは、不動産に関して総合的に相談できる窓口を利用しよう。大手不動産会社や住宅メーカーの総合相談窓口では、立地などに合わせ、グループ各社や提携会社のノウハウを駆使して、さまざまなプランを提案してもらえる。売却価格の査定から、賃貸にかかるコストや収入見込額なども相談できる。

遺言・相続Q&A

親子で相続対策を進めるために

家族の連絡帳

家族の連絡帳
年齢とともに心配になる親のこと。親も子世帯の経済面や暮らしを気遣っています。
「家族の連絡帳」をプリントアウトして、書き出すことから親子のコミュニケーションを始めてみませんか?親子がよく話し合うことでそれぞれの悩みが解決するかもしれません。
実家の相続対策を詳しく紹介

「親と実家」を考える本

表紙サンプル
表紙サンプル
目次サンプル
実家の相続対策に役立つ

カタログ請求のご案内

建築会社や不動産会社が作成しているカタログは、商品やサービスの紹介だけでなく相続にかかわる一般的な知識も得られるものもある。無料で請求できるので、会社名やカタログ名で気になるものがあれば取り寄せて、プラン選びに役立てよう。
※こちらのサイトで紹介しているカタログは『「親と実家」を考える本』にも掲載されています。下の『「親と実家」を考える本』のカタログ請求画面から、お好きなカタログをご請求ください。