建て替えに対応

積水ハウス

併用住宅で夢を広げる「ベレオ・プラス」
2世帯+店舗併用住宅の「ベレオ・プラス」。斜線制限などの厳しい土地でも、美しい外観デザインと敷地の有効活用を両立できる
併用住宅で夢を広げる「ベレオ・プラス」
プラスワンフロアで、暮らしにゆとりと豊かさを。有効な相続税対策を、積水ハウスが提案する
相談できる内容
相続税の対策をしながら、暮らしの快適さを広げ、敷地の可能性を最大限に生かす3・4階建ての併用住宅を提案する

設計自由度の高さと確かな技術で永く住み継がれる3・4階建てを

敷地の価値を最大限に引き出す高い設計対応力

子や孫の代まで、いかに敷地や建物を引き継いでいくか。住まいを建て替え、住み継ごうと考えたとき、ネックとなるのが相続税と資金面ではないだろうか。それらの問題に正面から取り組み、有効な答えを提示するのが積水ハウスの「ベレオ・プラス」だ。

それは、住宅に賃貸住宅や店舗を併用することで、家族の夢をもうひとつ上に広げていく複合型多目的マンション。「店舗」や「事務所」との賃貸併用により課税評価額が下がり、加えて二世帯住宅にすることによって、相続税が軽減される仕組みを有効に活用できる。家賃や店舗収入をローン返済にあてることで、資金面の対策にも有効だ。

その際大切なのは、建物としての品質や資産価値はもちろん、さまざまな併用ニーズに柔軟に対応できるフレキシブルかつ安全・安心な構造であること。加えて、併用住宅にして収益を得たことで不自由を感じるのではなく、住まいとしての夢を叶えられるという点だ。

それを実現させるのが、設計の自由度。3階、4階と縦方向に住空間をプラスすることで、より自由なプランを描くことができる。3・4階を住居スペースにして、1・2階部分を賃宅住宅や店舗スペースにしたり、二世帯住宅も無理なくプランニングできる。限られた敷地のなかで居住空間を広く取ることができ、ゆとりを持った住まいを実現できるのが、「ベレオ・プラス」だ。

自由度の高い設計システムにより、居住スペースもゆとりと快適さにあふれる空間に
自由度の高い設計システムにより、居住スペースもゆとりと快適さにあふれる空間に
1階は収益性の高い店舗スペースとしても活用可能
1階は収益性の高い店舗スペースとしても活用可能
各階自由設計「βシステム構法」

確かな技術と充実のサポートで
永く住み継ぐ住まいを

高い設計対応力を構造面から支えるのが、「ベレオ・プラス」最大の特長である、同社独自の重量鉄骨「βシステム構法」だ。梁勝ちのラーメン構造であるため通し柱が不要。フロアごとに柱の位置を自由に変更でき、天井の高さもフロアごとに選ぶことができる。それにより、各階の設計自由度が高く、家族の希望の間取りを叶えるだけでなく、コーナーサッシやオーバーハングなど、こだわりプランの実現も可能だ。

通常のメンテナンスはもちろん、賃貸住宅、店舗併用部分の経営面については、積水ハウスグループによる強力なバックアップ体制を構築。さらに、アフターサービスも充実しており、全国に配置したサービス担当スタッフが一棟一棟の品質をきめ細かく見守り、資産価値を維持する。

住み慣れた土地に、永く住み継ぐという家族の想いに応える住まい、それが「ベレオ・プラス」だ。

豊富な併用プラン

併用のバリエーションは実に豊富。複雑な組み合わせも、積水ハウスの多様な技術でクリアする

豊富な併用プラン
さらに詳しい情報はこちらから

会社情報

お問い合わせ先
0120-31-0137
【通話料無料】
施工対応エリア
全国(沖縄県除く)
住所 大阪府大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビルタワーイースト
会社概要 《設立》1960年8月1日
《資本金》2,025億9120万円
《従業員数》15,849名 (2015年4月1日現在)
《建設業許可番号》国土交通大臣許可(特-27)第5295号
《建築士事務所登録番号》大阪府知事登録(イ)第23748号 他
《宅建業免許番号》国土交通大臣免許(14)第540号
お問い合わせ先
積水ハウス(株)
0120-31-0137
【通話料無料】
親子で相続対策を進めるために

家族の連絡帳

家族の連絡帳
年齢とともに心配になる親のこと。親も子世帯の経済面や暮らしを気遣っています。
「家族の連絡帳」をプリントアウトして、書き出すことから親子のコミュニケーションを始めてみませんか?親子がよく話し合うことでそれぞれの悩みが解決するかもしれません。
実家の相続対策を詳しく紹介

「親と実家」を考える本

表紙サンプル
表紙サンプル
目次サンプル
実家の相続対策に役立つ

カタログ請求のご案内

建築会社や不動産会社が作成しているカタログは、商品やサービスの紹介だけでなく相続にかかわる一般的な知識も得られるものもある。無料で請求できるので、会社名やカタログ名で気になるものがあれば取り寄せて、プラン選びに役立てよう。
※こちらのサイトで紹介しているカタログは『「親と実家」を考える本』にも掲載されています。下の『「親と実家」を考える本』のカタログ請求画面から、お好きなカタログをご請求ください。