売却・相談に対応

三井のリハウス

遠隔地の住まいの課題もスムーズに解決
遠隔地の住まいの課題もスムーズに解決
全国ネットワークを活用した提案と豊富なノウハウで、
売却、資産組み換え、駐車場経営などの幅広い選択肢を実現
相談できる内容
自宅の購入・売却・買い替え
・相続した実家や土地の売却
・空地、空家の有効活用
・相続税や贈与税など税金に関する相談
・相続した住宅や宅地の活用方法

「売却お任せパッケージ」が
売買にまつわる面倒事を解消

遠隔地の「住まい」についても気軽に相談できる窓口を完備

全国をつなぐ情報ネットワークとお客様の売却活動をバックアップする万全のサービス、そして様々な課題に親身になって向き合うホスピタリティによって「三井のリハウス」は30年連続で全国売買仲介取扱件数No.1を達成した。

さらなる顧客満足を目指してスタートした新サービス「売却お任せパッケージ」は、相談・検討時から売却までに次々と発生する面倒な手続きを軽減することが特長。また現住所の最寄り店から遠隔地の住まいについて相談できることも魅力だ。

例えば、転勤などで北海道から東京へ転居。今後、住むことのない北海道の家を手放したいが、交渉のために何度も北海道に足を運ぶのは難しい。そんな遠隔地に物件をお持ちの方も、遠隔地の売却をより専門的に扱える相談窓口を設置している「三井のリハウス」なら無駄な時間や労力を費やすことなく解決へと向かっていける(上記図を参照)。仕事や子育てに忙しい都心部在住の子世帯が、離れた場所の親世帯の住まい対策をする上で、「三井のリハウス」は力強い存在となるだろう。

また、売却予定の住まいを無料で調査・査定する「売却相談」、売却時の掃除や不要品処分、建物の取り壊しや登記関連等のサポートも専門家と連携して進める。まさにサービス名にある通り、売買にまつわる事を「お任せ」できるというわけだ。

「売りやすく」「買いやすく」にこだわりを

「売りやすく」「買いやすく」にこだわりを

「三井のリハウスなら安心である」そんな価値を提供することこそが、お客様の期待に応える第一歩であると三井不動産リアルティは考える。その思いを具体的なサービスとして落とし込んだのが「三井のリハウス 360°サポート」だ。三井のリハウスで売買をする売主・買主の全てをサポート対象に様々なサービスメニューを提供。その範囲は引渡し後に発生した補修費用等の負担、各種設備のチェック、購入物件で始まる新生活の中において急に発生する水廻り・電気設備などの不慮のトラブルへの緊急対応など多岐にわたっている。

三井のリハウスが実現する「安心して住める」という価値の形成は、売主にも買主にとっても納得のいく売買を後押しする要素となるのではないだろうか。

全国売買仲介取扱件数30年連続・第1位を裏付ける提案力

全国売買仲介取扱件数30年連続・第1位を裏付ける提案力

2015年度の売買仲介取扱件数は37827件となり、30年連続でNo.1を達成した。

現在、首都圏のみならず地方都市でも「空家対策」「相続にまつわるお金の問題」「税金対策」「土地・住まいの活用」といった住まいに関連する問題意識は高まっている。百人百様の課題や状況を踏まえつつ最適な提案ができるのも、30年以上にわたって培ってきたノウハウと、お客様の立場にたったサービス提供を行っている三井不動産リアルティならではの強みである。.1を達成した。

お金・税金の対策から空き家の維持まで豊富なサポートが魅力

お金・税金の対策から空き家の維持まで豊富なサポートが魅力

「相続税」関連はとりわけ高い関心が寄せられる内容ではあるが、事前の対策と相続後の対応について準備をしておけば、それほど恐れることはない。三井のリハウスでは、提携の税理士が直接相談を伺う無料税務相談会(首都圏のみ)を開催、相続税などをわかりやすく学べる機会も用意されている。さらに実際に売買が成立した後も、税金などに関するフォローが続いていくこともうれしい要素だ。たとえば売却の残代金を受け取る前に、相続税の納付期間が迫っても「相続税つなぎ融資」サービスを利用すれば、安心して納付することができる。その他にも空家の巡回など、現状活用の道が見えない不動産をひとまず維持するためのサービスにも力を入れている。

さらに詳しい情報はこちらから

会社情報

お問い合わせ先
0120-585-331
【通話料無料】
施工対応エリア
全国(三井のリハウス営業エリア内)
住所 東京都千代田区霞が関3丁目2番5号
会社概要 《設立》1969年7月15日
《資本金》200億円
《従業員数》3,829名[単体](2016年4月1日現在)
《宅建業免許番号》国土交通大臣(13)第777号
お問い合わせ先
三井不動産リアルティ(株)
0120-585-331
【通話料無料】
親子で相続対策を進めるために

家族の連絡帳

家族の連絡帳
年齢とともに心配になる親のこと。親も子世帯の経済面や暮らしを気遣っています。
「家族の連絡帳」をプリントアウトして、書き出すことから親子のコミュニケーションを始めてみませんか?親子がよく話し合うことでそれぞれの悩みが解決するかもしれません。
実家の相続対策を詳しく紹介

「親と実家」を考える本

表紙サンプル
表紙サンプル
目次サンプル
実家の相続対策に役立つ

カタログ請求のご案内

建築会社や不動産会社が作成しているカタログは、商品やサービスの紹介だけでなく相続にかかわる一般的な知識も得られるものもある。無料で請求できるので、会社名やカタログ名で気になるものがあれば取り寄せて、プラン選びに役立てよう。
※こちらのサイトで紹介しているカタログは『「親と実家」を考える本』にも掲載されています。下の『「親と実家」を考える本』のカタログ請求画面から、お好きなカタログをご請求ください。